山形遠征撮影

5月末のことですが、山形の友人からご依頼をいただき、出張撮影に馳せ参じました。撮影内容は生前遺影と家族写真。

当たり前のことですが、出張撮影ではカメラや証明機材は運んでいきます。今回はなんとそれにプラスし、大きくて大切なものを運んで欲しいと。下田在住の収(オサム)ちゃんも連れてきて欲しいと。聞けば収ちゃん、齢九十歳のおじいちゃん。脚も弱ってきていて心配だから、お願いしますと。車椅子はこちらで手配しますと。ノー、ノー!もちろん、ドントウォーリー!!車椅子いらないよ!困ったら、俺がおんぶするから!と快諾。旅は道連れ、世は情けでございます。

tanno 2 (1)

伊東線に乗る下田の収ちゃん

いい味出してる収ちゃんです。(実はレンズを向けるとさりげなく、ポーズを決める粋なじいさんである)

道中、いろいろなお話を聞かせていただきました。

山形到着後は急遽、会社の施設の撮影も追加依頼。

お焚き上げポスター

私が撮影した画像でポスターを制作。収ちゃん、なかなか素晴らしいモデルです!

友人の会社ではお炊き上げというサービスも行っています。

http://www.nk-agent.com/company.html

その後はご自宅に移り、自宅で簡易スタジオをセット。生前遺影や家族写真を撮影しました。

丹野様父上

こちらは生前遺影です。出張撮影は照明設備を持ち込んで、その場にスタジオを作ります。いつもお掛けになっているリビングでお庭を背景にしました。人民服を来ているのは氏は台湾との交流が深いため、台湾用の遺影です。もちろん、スーツ姿も撮りましたよ。自宅での撮影は衣装替えなどもたくさんしていただけますよ!

tanno 45 (1)

おばあちゃんといっしょ♪

いろんなバリエーションで撮影したいただけますし、ご自宅ですといろんなポーズもあまり恥ずかしくないようですね。特にスタジオに行くと固まってしまうお子様にはおススメしたいですね。

ちなみにこの少年、こうしろうくんの笑顔はまたもいろんな技を使って引き出しました。どうしたかって?そいつは企業秘密。言えませんな。

tanno 95 (2)

『とくにたけやぶがいい』by パンダコパンダ

背景は近所の竹やぶを借景。眼鏡の広告にそのまま使えそうですね。

せっかく、山形まで行ったので、福島にも立寄って、家族写真を。

こちらは私が大学時代に家庭教師をしていた縁のご家族です。20年以上のお付き合いですね。勉強よりも釣りや虫採り、恋愛の楽しさ、etc。俺がバンドをやったのはここの家族の影響は否定できませんね。

佐藤様家族

ご自宅の窓からいつも見える吾妻小富士をバックにしたいとのご要望でした。朝六時の出勤前に慌てて撮ったので、皆さん普段着。だが、それで良い!それが良い!

脚の弱いおばあちゃんが庭にでるのに、孫の準が靴を履かせ、手を引き、このポーズもなんの指導、誘導もなし!さすが、俺の教え子!!完全に俺を超えてるじゃないすか!?感動の涙でファインダーが見えねぇ!!

おばあちゃん、いつまでもお元気で!!また、美味しい漬け物を喰わせてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です