淳ちゃんファミリー 2Days in 伊東

中学の同級生の淳ちゃんは僕がまだ写真を生業にしようと決める前、つまりは単なるアマチュアの時に結婚式の撮影を仕事として依頼してくれたお客様第一号で、むしろ、もっと遡ると大学時代にたまたま伊東に帰省した正月に俺っちの店の前を通ったから、俺なんか写真をやってもいないのに『おー!久しぶり』なんつって、勢いでスタジオで晴れ着姿を撮影したし、更に言えば、中三の修学旅行では同じ班だったから、そん時にも多分、ファインダー越しに彼女のことを見ていたんです。つまりは四半世紀も僕は彼女を見つめていたのです。
カメラの中、3秒間だけ僕らは突然恋をしたかどうかと問われれば、そんな思い出はないんだけど、それが恋かと問われれば、それも違うんたけど、所謂、腐れ縁なのです。
そんな長い縁で、今度はお子様の七五三と1歳の誕生記念のロケーション撮影をやってよ!と、ご依頼いただきました。
なのですが、彼女の身内にご不幸があり、一時は中止にしようという相談もありましたが、今回は撮影だけでもというお話になりました。
そう決まれば、ぶっ撮る!!!
撮影中や、撮った写真を見ているときに楽しい気持ちや幸せな気分になっていただけるようになどと意気込んで臨んだ訳ですが、そこは淳ちゃん、心配は全くの杞憂に終わり、東海館で待ち合わせ、のっけから楽しい撮影がスタート!
_MG_4080
_MG_4086
おっ、淳ちゃんうめぇな!なナイスアシストを連発!
お子様の視線や動きを導いたり、気持ちをコントロールしたりがうまい。つまりは『武智!今だ!撮れ!』的なゴールデンコンビネーション!
_MG_4024
元バスケ部のキャプテン、視線誘導から、味方をフリーにしてくれる動き、流石でございます。
なので、僕は時には近くから、時にはロングレンジから、気持ち良くシュートが決まる!
それでいて自らもしっかりとポーズを決めるママ。その活躍はJust like スラムダンクの仙道、キャプテン翼で言えば岬くん。
_MG_4218
そして、この日のもう一人の立役者はアシスタント、うちの娘の汐伊。
普段はクールで人見知りな部分もあるが、主役達がつまらなそうになると、自然に遊びの相手をしたり、要所要所で笑顔を引き出すのが上手い!ここぞという時に良い働きをするスラダンで言えば、木暮。黒子のバスケなら、黒子!
_MG_4136
汐伊が鞠をうまく使って遊んだり、時には俺の頭から人形を出してみたり、良い働きにバイト料はたっぷりあげました。
_MG_4343
スタジオではお子様は泣きますとも!!
けど、僕はじっくり待って撮りますよ。泣いてるとこも撮るし、そこからだんだんと気持ちが変わっていくところも。だって、
D・A・T・E 泣いたっていい じゃないハートは石でもガラスでもないって、渡辺美里も歌ってましたから!!
_MG_4373
おむつのCMいただきました〜
_MG_4387
やっぱり、女の子はドレスには弱いですね〜
泣いたときにご褒美にドレスがあるよで、笑顔が戻りました!
そして、翌日はなぎさ公園で。
雨の予報を覆し、時々太陽が顔をのぞかせる撮影日和。
_MG_5106
_MG_5118
_MG_5192
俺的には大好きな写真。多分、父親だからでしょう。
_MG_5323
ここ、マジで伊東っすか?
_MG_5340
_MG_5372
_MG_5586
帰り際に『今度はアタシの遺影よろしくね!』と四半世紀後のご予約をいただきました。

  3 comments for “淳ちゃんファミリー 2Days in 伊東

  1. 大ちゃん
    2014年11月13日 at 10:50 AM

    流石 上手い‼︎
    文章が‼︎

    このご家族も とっても素敵だね。
    なぎさ公園写真 いいなぁ・・。

    • kazuo.takechi@gmail.com
      2014年11月13日 at 8:44 PM

      大ちゃん様、素敵なファミリーを素敵に撮る。至ってシンプルな仕事でございます。
      ていうか、なぎさ公園はだいちゃんちのお庭ですよね!
      今度、是非!!!

  2. JUNKO
    2014年11月15日 at 12:56 AM

    いやあー武智様に依頼して大成功でした。

    「静」というか「動」な感じの動きのある写真に仕上がり大満足です。写真に息吹を感じます。

    昔から望んでいた海を背景にした記念撮影。まさか地元とは思えない所も良いね。

    素敵ファミリーかどうかはわからないけど、素敵ファミリーに仕上げてくれて感謝ですわ。

    遺影も宜しくね 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です